【1歳児の保育室】 環境構成で大切なこと!

1歳児の保育室はどのような環境が適切なのでしょうか??

近頃、「子どもの主体性」「質の高い保育」など乳幼児教育が注目されてきていますね。

質の高い保育は、「環境作り」が重要で、保育を変える為に、1番最初に取り掛かるべきことが環境の見直しです。

今回は、「1歳児保育室の環境作り」は何をすればいいか?どんなことが大事なのか?について書いていきたいと思います。

1歳児の保育室 環境を見直すための5つのポイント

①子どもの発達を知る
②発達を促す家具や玩具を置く
③子どもと大人の動線を考える
④子どもの活動が途切れない工夫
⑤2歳児クラスへ移行するための工夫

1歳児の保育室環境 を作るために、子どもの発達を理解する

環境作りに欠かせないのが、子どもの発達を知ることです。

いくら環境を作り込んだところで、子どもの発達に適していなければ、保育が上手くいきません。

1歳児の発達で押さえておきたい点をいくつか紹介します。

1歳児の発達

つかまり立ちから徐々に歩くようになるつかまり立ちや、自由に歩き回る子など、1歳児と言っても発達の幅が大きいです。歩き始めは、転ぶ・尻もちをつくなども多く見られます。1歳児後半にもなると、走り回る子もいます。
言葉を理解する・話し始める簡単な言葉を理解し、喃語から始まり、少しずつ言葉を話し始めます。人や物の名前を覚え言葉にできるようになっていき、「ママ きた」など2語文の会話ができるようになります。
好奇心旺盛で目につくものに興味を持つ目につくものに興味を持ち、興味の対象が次へ次へと移っていきます。他の子が使っているものも、興味を持って横取りすることが多いです。
自我の芽生え・イヤイヤ期の始まり「自分でやりたい!」「やりたくない!」という自己主張が強くなります。大人に言われたことにイヤイヤ言うのも1歳児後半頃からで、魔のイヤイヤ期と言われたりもします。
他の子と遊び始める少しずつ、他者を意識するようになっていきます。他の子と一緒に遊んだり、泣いてる子を気に掛けたりする様子も見られます。そして、徐々に大人とではなく子ども同士で遊ぶことを好んでいきます。
手や指先が思うように動かせるようになる指先が器用になっていき、衣服や靴の着脱など自分でできるようになっていきます。指先の細かな遊びを集中して遊ぶ姿も多く見られます。
関連記事

1歳児の叱り方で悩む方は多いのではないでしょうか。 非常に難しく、これが正解だ!と言えるものはありません。仕事と家事を両立しながら余裕のない中で、つい叱ってしまい反省することもありますね。 ネットで検索したり、雑誌を読ん[…]

今すぐ実践したい 1歳児の叱り方 ポイント3選

1歳児の保育室には、発達を促す家具や玩具を置く

子どもの発達を知り、発達を踏まえて環境を考えていくと、子どもに必要な家具や玩具が思い浮かんできます。

1歳児の運動面の発達から考えると、

「つかまり立ちができるくらいの棚」

「転ぶ・尻もちなどをした時に安全な床や家具」

「走り回る子とつかまり立ちの子を区切るパーテーション」などが必要になります。

 

1歳児の言葉の発達から考えると、言葉と物の名前がリンクしていくため、

「絵本はイラストや写真が載ったもの」

「棚や収納箱は、名前ではなく写真やイラストを貼る」などが適切です。

 

室内にある1つ1つのものが、子どもの発達段階に合っているか?という視点で考えていくと、環境を整えることができます。

 

また、環境構成以外にも工夫は必要です。

1歳児は、好奇心が旺盛で、目につくもので次から次に遊びが変わっていきます。

そのため、室内には玩具が散らばった状態の方が適しています

また、子ども同士の関わりが生まれやすい玩具を置くことや、関わりが生まれるような大人の声掛けが必要です。

いくつか私の園の1歳児クラスにある玩具を紹介します。

イラストや写真付きの絵本
様々な難易度のパズル
積み木やマグネットフォーマーなどの形作って遊ぶ玩具
見立てて遊べるようなままごとセット
ままごと遊びで使う、ぬいぐるみや人形
車や電車・道路や線路
身体を動かせるマットや低い平均台
お仕度などの棚は、子どもが自分でできる配置や高さ

子どもと大人の動線を考える

動線は、環境作りにおいてかなり大事です。

保育園は複数の子どもを同時に見る場面が多いです。

保育がバタバタしたり、騒がしかったりするのは、動線が理由かもしれません。

 

私の園でも、動線が原因で子どもたちのトラブルが多く、保育が大変だった時期があります。

例えば、保育室の出入り口が2か所以上ある。

室内からトイレまでに通り道が複数ある。

など、子どもたちが違う方向に一斉に動くと、大変になってしまいますよね。

環境を考える時には、子どもや大人の動線を踏まえて考えることが大事です。

子どもの活動が途切れない工夫

先ほど、子どもの発達面から考えることが大事だと書きました。

子どもは自分に必要な遊びや体験を繰り返し、習得していきます。

指先が発達するころには、ひも通しなど指先を使う遊びを集中して何度も繰り返します。

 

すごく集中して遊んでいる時に、給食の準備やお昼寝の準備ですべて片付けるなど、子どもの活動を遮ってしまう場面が多々あると思います。

活動と活動のメリハリも必要ですが、成長のチャンスを潰さないためにも、子どもの活動をできるだけ遮らない工夫が必要です。

2歳児クラスへ移行するための工夫

1歳後半になると、子ども同士での関わり合いが増え、遊びやケンカなどお互いに刺激し合いながら、多くのことを学んでいきます。

 

そして、2歳3歳と他の年齢の子と関わることも、大きな学びです。

年上の子の遊び方を真似することができる。

年上の子のお当番活動を見ることができる。

こうした、自分よりも発達が上の子を見たり、関わったりできる環境も大切です。

 

また、2歳に近づくにつれ、指先がより器用になったり、ままごと遊びで役割を持って遊んだりと遊びが高度になっていきます。

それに伴い、ままごと遊びの玩具を、具体的な物にしたり、種類を増やしたりと環境も変化させていく必要があります。

1歳児の保育室 環境構成で大事なこと

①子どもの発達を知る
②発達を促す家具や玩具を置く
③子どもと大人の動線を考える
④子どもの活動が途切れない工夫
⑤2歳児クラスへ移行するための工夫

今回は、「1歳児の環境」をテーマに書きました。

0~2歳の環境構成や大人の関わりは、かなり奥深いです。

子どもたちの成長にとって、0~2歳の頃の保育は重要であり、3~5歳になった時の姿にすごく差がでます。

 

また、近年の研究でも0~2歳の保育が最も重要であることが証明されています。

 

私たち保育士の役目として、日々の保育が本当に正しいのか?

 

と疑問を持ちながら、常に最善の保育を模索していかなくてはいけないと思います。

 

質の高い保育をするには、まずは「環境作り」から着手していく必要があり、私たちの園も環境の大規模改善を経て今があります。

保育環境を見直そうとされている方や、日々保育を模索している方に、少しでも参考になれれば幸いです。